大都興産

サイトの説明文を記述します。

  •   マニフェストって?

    代替画像

    マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに産業廃棄物の種類、
    数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、
    処理の流れを確認するしくみです。

  •   マニフェスト制度

    代替画像

    1970年に制定された廃掃法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)が2001年4月に大幅に
    改正されました。この改正は廃棄物の適正処理や有効利用の実現を目指したもので、
    国民に廃棄物処理の積極的な責任を求めています。

    さらに、それまでの一般廃棄物と産業廃棄物の区分に加え特別管理一般廃棄物、
    特別管理産業廃棄物の区分を増やし、爆発性・毒性・感染性などの性状に合わせ
    細分化しました。

    特に、産業廃棄物の処理については第12条(事業者の処理)に定められ、新しい制度が
    設けられました。それが、「第12条の3」に定められたマニフェスト制度です。

    マニフェスト制度とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託するときに、マニフェストに
    産業廃棄物の種類・数量・運搬業者・処分業者名などを記入し、業者から業者へ、
    産業廃棄物とともにマニフェストを渡しながら、処理を確認する仕組みです。

    それぞれの処理後に、排出事業者が各業者から処理終了を記載したマニフェストを受け取る
    ことで、委託内容通りに廃棄物が処理されたことを確認することができます。

    これによって、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に
    防止することができます。